心理カウンセラーは資格で差が出る【資格がもたらす未来予想図】

カウンセリング

活躍の場が広がっています

基礎から応用まで丁寧に指導をしてもらうことが可能です。心理カウンセラーの資格をとるためには、予めプランを立てることが必要です。

充実したカリキュラムで公務員試験合格を目指しましょう!新潟にある専門学校で公務員試験にの合格率が高いのはこちらです。

女性

昨今、自殺者の増加やメンタルダウンによる労災認定が増えているため、ようやく日本でもメンタルダウン予備軍や発症者の心に寄り添える心理カウンセラーの需要が高まっています。 心理カウンセラーで生計をたてるには、最初はカウンセラー団体に所属して活動し、そこからネットワークを広げて企業などの顧問カウンセラーになる方もいます。 また、カウンセラーの仕事はカウンセリングだけでなく、メンタルヘルスに関する研修の講師などがあります。また、メンタルダウンする原因の一つとしてコミュニケーション不足によることから発症する場合も多いので、管理職研修の一部として心理カウンセラーの活躍の場があります。 これからの時代は心理カウンセラーの活躍が期待されています。

心理カウンセラーは国家資格でなくあくまでも民間資格なので、民間で実施されているカウンセラー養成スクールへの通学もしくは通信教育を受ける必要があります。 たくさんある団体の中でも、社会的に認知度の高い団体の資格を取得しておいたほうが、取得後の活動にも大いに役立ちます。 カリキュラムは各団体によって様々で、1日の通学と試験合格で資格を付与されるものもありますが、認知度の高い団体のコースであれば、毎週1回のペースで7ヶ月間スクールに通学し、カウンセリングの実践練習、複数回の課題レポートの提出、出席時間数について一定の基準を満たすことで初めて受験資格が付与され、その後に実施される試験(マークシートと論文)に合格する必要があります。

多くの人が目指している理学療法士の専門学校があります。こちらを利用することで、自分のスキルを磨けます。

大学で取れる認定心理士

女性

心理学関連の資格では最も知られているものとして臨床心理士があげられますが、それは大学院の修士課程に進学しなければなりません。大学までの勉強でしたら指定された単位を取得して得られる認定心理士という資格を取る人が増えてきています。

もっと知ろう

独立開業の仕業

女性

行政書士試験は近年、人気が増加している資格試験です。人気の理由は、自分のペースで独立開業仕事であり、また行政書士は街の法律家として、身近な市民の役に立つ仕事内容だからです。

もっと知ろう

なるのも稼ぐのも知識次第

女性

行政書士はよく知られている資格ではありますが、合格率が低い難易度の高いものとなっている割にはあまり稼ぐことができないものでもあるといわれています。それでも稼いでいる人は存在しておりまして、その違いは専門分野を持つことにありました。

もっと知ろう