1. 睡眠薬通販で不眠症改善   >  
  2. 睡眠薬の危険性

睡眠薬の危険性

睡眠薬を服用中の女性

睡眠薬は睡眠障害や不眠症の症状を改善するために用いられるお薬です。一般的に医師の処方箋を貰って入手しますが、睡眠薬は危ない薬だと思っている方も多いのではないでしょうか。たしかに睡眠薬を飲んで交通事故を起こしたというニュースを耳にしたこともあるでしょうが、用法用量を正しく守ることで、安全に服用できるのが睡眠薬なのです。

睡眠薬が危険だと言われる理由のひとつに、翌朝まで効果が続いてしまうことがあげられます。確かに効果持続時間が長いことで、朝起きてもふらつきや眠気などを覚えることもありますが、睡眠薬の中には効果時間が短いものも多数存在するのです。マイスリーやハルシオンなど、超短時間型とよばれるお薬は、4時間程度で効果が切れるため、朝はスッキリ起きられるのです。

もうひとつの理由として、上記のような交通事故などを起こす危険性があるということでしょう。薬の説明書には、睡眠薬を服用中は、基本的に自動車の運転や機械の操作をしないように注意書きがされています。危険だと思われる行動は、自分で控えるのが大切なのです。

睡眠薬は依存性が高いと思われがちですが、最近では依存性のリスクがかなり低い睡眠薬も登場しています。これらを積極的に選ぶことで、依存性のリスクを最小限に抑えることができるでしょう。離脱症状のリスクも開発が進んで低くなっていますので、あまり心配する必要はありません。

このように、睡眠薬は用法・用量をしっかり守り、注意点を把握しておくことで100%安心して服用できるのです。リスクが低くて効果が高い睡眠薬は、海外の医薬品を専門的に販売している通販サイトで処方箋なしで購入できますので、ぜひ利用してみてください。